スポンサードリンク

増毛という選択肢

薄毛部分に増毛するやり方は本格的な育毛やカツラに比べて、気軽にしかも短時間で出来ます、面倒が嫌いな方でも受け入れ易い物です。

頭部にケガをしてその部分だけ薄毛になってしまった人、年齢とともに抜け毛によって薄くなってきた人、ある部分だけ薄毛が顕著な人…そういう方々に増毛の正しい知識を持って頂いて悩みを解決する為の選択肢を広げて欲しいと思います。

植毛とは自毛や人工の髪を手術で自分の頭皮に植え込む事です。自分の薄毛になった毛髪部分に植え込むので、自然とボリュームが出て増毛につながります。

人工の髪の場合、頭皮の皮下組織に1本1本を植え込んでいきます。特殊なカギの形をした物を植え込むので、直ぐには抜けません。しかし、異物を入れる事に為るので、頭皮に炎症が起こる事があります。

自毛の場合ですと、後頭部や側頭部の髪を毛根の組織ごと一部を切り取り、株分けの様にして、頭頂部の薄毛部分や生え際に植毛します。

髪の悩みの始まりは、薄毛が気になりだしてから。最近は男性だけでなく、女性にも薄毛等の悩みを持つ方が増えて来ています。植毛を考えている方は、一度専門店に問い合わせてみてはいかがですか。
posted by 薄毛解決 at 16:43 | 薄毛と増毛

植毛で増毛する

薄毛で悩む人は男女を問わず沢山います。育毛で自分の髪を育て増やす方法もありますし、カツラを着けてカバーする事も出来ます。そして近頃、特に技術の進歩がみられる増毛という方法もあります。

増毛とは、自分の髪に人工毛等を付けて薄毛を増やす方法です。あたかも髪の毛が増えた様に見えます。

植毛とは人工もしくは自毛を髪の薄い薄毛部分に植え込む事です。最近は自毛植毛が増えて来ています。髪の毛は、頭頂部や生え際が薄毛になりやすく、後頭部や側頭部の髪は残り易いという特徴があります。これを利用して、薄毛になり難い部分の髪の毛を薄毛部分にもって来る訳です。

自毛植毛の場合、移植後の拒絶反応は無いと云って良いでしょう。

アメリカでは自毛植毛による増毛が一般的で、人工毛はトラブルが多発したため禁止になっています。日本では自毛植毛はまだメジャーでは無いですが、今後は定着していく事が予想されます。

植毛で増毛し、薄毛の悩みを一日も早く解消して頂きたいですね。
posted by 薄毛解決 at 16:31 | 薄毛と増毛

ヘアケア

薄毛を防ぐ為には、ヘアケアが重要です。では、どういった薄毛の予防対策をとれば良いのでしょうか。

薄毛予防は根本的に、髪と頭皮を清潔に保つ事です。植物が土によって成長が違う様に、髪も頭皮の状態が良いと、美しい髪を保つ事が可能になるのです。

ヘアケアの基本の洗髪について、ポイントをあげると以下の通りです。

1.洗髪の前にブラッシングをしておく。
2.髪と頭皮を充分濡らす。
3.シャンプー液は手で泡立てる等して後、髪と頭皮につけて洗う。
4.頭皮をマッサージする様に洗う。爪は立てない。
5.漱ぎはシャンプーが残らない様にする。
6.リンスは頭皮ではなく髪につける。
7.洗髪の後は水分をとるようにタオルで軽く押える様に拭く。

薄毛予防では、シャンプーが終わった後、頭皮の血行を良くする為にマッサージをする事もお薦めです。髪の毛根の新陳代謝を高める事になります。

そして薄毛予防はなんといっても食事が基本です。バランスのとれた食事、各栄養素がまんべんなくとれる様なメニューにする事で、良い髪が保たれるのです。
posted by 薄毛解決 at 16:24 | 薄毛の予防

要素を少しずつ減らす

薄毛は日常の生活を改善することで、ある程度予防する事が可能です。

薄毛の予防の為には、具体的には、例えば以下の様な点に気を配ったらいいでしょう。

・煙草は吸わない
・飲酒は適量に
・食事の時は栄養のバランスを考えて
・ストレスを溜めない
・適度に髪のブラッシング
・規則正しい生活を心掛ける
・適度な運動を行う
・シャンプー等のヘアケア用品は、低刺激の物を使う。出来れば合成界 面活性剤が入っている物は使わない
・洗髪の際は、髪ではなく、地肌をマッサージする様に洗う


薄毛が男性ホルモンの分泌量の多さ等から来ている場合には、その量を抑える働きをする薬やサプリメントを取るのが効果的です。

この様な薬品の類は、人によって処方が違うため、一概にこれが良いと言う事は出来ません。しかしビタミンBの様なサプリは、大抵の人にとっては体内の新陳代謝を促す効果がある為、薄毛対策としてはある程度有効です。

薄毛は何らかの病気によって起きる事もあります。薄毛が気になり、かつ心身のコンディションが悪い様でしたら、医者にかかった方が良いでしょう。
posted by 薄毛解決 at 16:14 | 薄毛の予防

原因が取り除かれなければ

薄毛は、そのもととなる要因を取り除かなければ、最終的に禿げてしまう事にもなりかねません。ですから、「髪が薄くなってきたかな」と感じたその時点で、薄毛の要因を探る必要があります。

薄毛には色々な原因がありますが、特にストレスや欧米型の食生活に移行、化学物質が主成分のシャンプー・リンス・トリートメント剤・パーマ液・ヘアダイ等が主な原因ではないかと考えられます。また、タバコや飲酒、不規則な生活等も、髪によくないとされています。

薄毛の解決の為に病院に行けば、確かに薬を処方てはくれますが、根本的な解決にならないことが殆どです。やはり薄毛は、日頃の生活から変えていかないと解決しない様ですね。

現代の医学技術でも、薄毛を完全に治療する事は出来ないと一般的には考えられています。ですから薄毛をもたらす要因を踏まえ、薄毛対策をとることで、薄毛の原因となる要素を少しずつ減らすことが大切です。
posted by 薄毛解決 at 16:07 | 薄毛の原因

自分に合ったものを

薄毛に悩んでいる人は結構多いものです。以前は薄毛の人のほとんどが男の人でしたが、近頃では女性にも薄毛の人が見られる様になりました。これは日本人の生活環境・生活習慣の急激な変化が原因であると言われています。

女性の薄毛の原因として、ストレスや生活習慣の乱れの他にも、ドライヤーのかけすぎや出産に伴いホルモンのバランスのみだれによる薄毛があります。性格にもよるのですが、女性はストレスが溜まると、中々外に発散しづらい環境が日本の習慣にはあります。女性があまりにストレスを溜めると、男性で言う円形脱毛症のように、髪の毛が急に抜けてしまうことがあるのです。

薄毛になってしまった時、やはりカツラを使用になる人は多いでしょう。カツラは決して安価な物ではありませんが、単に薄毛を隠すだけでなく、地毛によく馴染む様な高品質のオーダーメイドのカツラも提供されています。こうしたものは、言われなければ、なかなかかつらだとはわからない程です。

薄毛になることは悲しい事ですが、カツラの技術も向上していますので、かつらを購入するなら、自分に合った物を見つけたいものです。
posted by 薄毛解決 at 15:54 | 薄毛とカツラ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。